岩塩の作り方と種類

 岩塩は塩の中でも天然塩と呼ばれる塩の1つになります。欧米ではよく使われている塩であり、海塩に比べるとやや塩辛いのが特徴ですが、甘みやうま味を引き出す力を持ち合わせています。溶けにくい性質があるため、肉料理や魚料理との相性が良いとされています。

岩塩とは

 岩塩はその名の通り、岩のようなゴツゴツした大きい塊の塩です。自然界で作られた塩の塊を砕いて売られている物が岩塩です。塩の塊を発見し、それを砕いて販売する方法を採掘法と呼びます。採掘法は砕くという加工は発生しますが、精製塩のように採取された塊を溶かして電気分解するなどの処理はなく、基本的にあくまで加工は砕くだけです。

 岩塩は海底が地殻変動によって隆起し、陸や山になったとき、海水がその陸や山の中に閉じ込められ長い年月をかけて蒸発することで、大きな塩の塊となります。年月としては200万年~5億年という長い期間をかけて作られているため、岩などの塊というより鉱山そのものになります。それを採掘して取り出したものが岩塩です。海外には多くの岩塩がとれる鉱山がありますが、日本にはその鉱山がないため日本にある岩塩は基本的には輸入になることが分かります。

岩塩の作り方 

 取り出し方としては、1つ前に記載した採掘して取り出す”採掘法”のほかに、岩塩鉱に直接水を流し入れ濃い塩水に溶かしてから取り出し、再度煮詰めることで結晶化させる”溶解法”と言う取り出し方があります。

 溶解法で取り出した岩塩は採掘法で取り出した岩塩に比べ、人の手が加わっているため不純物が減ります。しかしミネラルなどの栄養素も減ってしまうため、しっかり岩塩の栄養素を摂り入れたいと思う人は採掘法で取り出した岩塩を選ぶことがおすすめです。
基本的には採掘して取り出した岩塩はそのまま販売されることが多いですが、含まれる不純物が多い場合は一度溶かして再度結晶化している場合もあります。

どちらの方法で取り出されたかは商品パッケージの裏面やホームページなどに記載していることが多いため、気になる人はチェックしてみてくださいね。

岩塩の種類

 取り出した岩塩が商品として売られるまでにはさまざまな大きさや形に加工されています。どのような大きさや形があるか見ていきましょう。

ロックタイプ

 大きさとしては拳くらいの大きいサイズになり、おろし金などですりおろして使います。使うときに挽きたての岩塩を味わうことが出来るため、とても風味が豊かに感じます。しかし、粒が大きくなることで塩辛くなりすぎないよう注意が必要になります。料理用の他に、インテリアやランプとして、形によってはバスソルトやマッサージに使うことも出来ます。

ミルタイプ

 ミル用として細かく砕かれた岩塩です。1番馴染み深い岩塩の大きさかもしれません。ミル用に砕かれたサイズの中にもいくつか種類があり、細かいものから粗いものまで幅広くなります。ミルに入った状態で販売されているものもありますので、用途に合ったものを選ぶのが良いでしょう。また料理を使うタイミングで細かくミルすることで風味にフレッシュさがあると、敢えてミルタイプを好む料理人の方もいます。

パウダータイプ

 そのまま使えるパウダータイプは普通の塩と変わらず使え、さらにミネラルも豊富なためおすすめです。水にも溶けやすいことから、料理全般に使いやすく、下味をつけるときに使用することにも向いています。

プレートタイプ

 岩塩プレートとも呼ばれ、板状に切られた形の岩塩です。直接盛り付けて使うことも出来ますが、岩塩プレートの上に肉などの食材をのせて焼くことで、ほどよい塩味がつき、味付けをしなくても食べることが出来ます。岩塩プレートをフライパンや焼き網に乗せてその上で肉を焼くと焦げなどが付きますが、冷めてからお湯などで洗うか、焦げがひどい場合はナイフなどで焦げをそぎ落とせば何度も使用することが使うことできます。繰り返し使う中で小さくなってしまったプレートは砕いて最後まで使うことが出来ます。

関連記事