全粒粉を使った商品にはどんなものがある?

 小麦粉の1種でもある全粒粉は、栄養分が多く含まれていることや栄養価が高いことによって年々日本国内でも需要が高まり商品として販売している種類が増えています。

ではいったい全粒粉を使った商品にはどのようなものがあるのでしょうか?原料でもある全粒粉がどこで購入出来るかなども一緒に紹介していきます。

全粒粉を使った商品の種類や特徴

 小麦の表皮を取り除いて製粉した小麦粉に対して、表皮や中心部の胚芽もすべて含めて製粉した全粒粉は栄養分が多く含まれ、栄養価が高いだけでなく一般的な小麦粉にはない香ばしい香りや味わいを楽しむことが出来ます。

この味わいや香りを1番感じやすく小麦粉としても加工しやすい商品となるとパンがおすすめです。パンは特に全粒粉の風味をダイレクトに感じやすく、香ばしく食べやすいのが特徴です。パン屋以外にも食パンをはじめロールパンやバケットなど全粒粉を使ったパンを大手製パンメーカーが扱っているものも多く、コンビニやスーパーで簡単に購入することが出来ます。

パンよりさらに買いやすく食べやすいものとしてはお菓子やシリアルです。栄養価が高いことから一般的なお菓子より健康維持や体調管理などに繋げやすいため、パッケージにも全粒粉使用の記載がされている商品が増え、ここ数年の間に特に目にしやすくなっています。しかしもともと全粒粉は、一般的な小麦粉に比べると小麦の粒感がありザクザクとした歯ごたえを楽しむことが出来るため、クッキーやクラッカー、ビスケットの原材料に使われていることが多いです。そのため、パッケージに記載されていなくても全粒粉が使われているお菓子はたくさんあり、気づかずに食べているものも多いのです。

全粒粉は小麦粉の種類であるため、パンやお菓子に次いで人気が高く使いやすいのがパスタです。一般的なパスタより噛み応えがあり、他の商品と同様に全粒粉特有の香ばしい香りを感じるのが特徴です。しかし、たっぷりのお湯で通常より少し長めに茹でないとぼそぼそした食感が出やすく、国内でも作っているメーカーや種類が少ないこと、国内メーカーより海外メーカーが作っている種類の方が圧倒的に多いことなどが理由で、どこでも購入出来るというわけにはいきません。そのため、手の取りやすさや食べやすさなどからするとパスタよりもパンやお菓子の方が気軽に購入出来ます。

全粒粉や全粒粉を使った商品はどこで買えるのか?

全粒粉を購入出来るお店

  • イオン・西友などの大型店舗があるスーパー
  • 高級志向のスーパーである成城石井や紀伊国屋
  • カルディやコストコなど輸入食品を扱っているお店
  • 製菓用品や飲食店向けの専門店
  • 通販であればamazon・楽天・コープ など

まず原料としてですが、一般の白い小麦粉はコンビニや100均でも買えてしまうほど身近な存在であるのに対して、全粒粉を扱っているお店としてはそこまで多くないです。

理由としては、先ほども少し触れたように国内での生産が多くないことや全粒粉を使ってパンやお菓子を作る時にはまとまりにくいなど、少し加工するのに工夫がいること、単純に価格帯が少し高いことなどが小麦粉に比べて需要が少なくなるためです。

イオンや西友などのスーパーの中でも大型店舗があるスーパーだと単純に取扱っている種類や量が多いため購入出来るお店があります。また、こだわりの商品や珍しい商品も多く扱っており価格帯が全体的に高めの商品を置いている成城石井や紀伊国屋などの高級スーパー、輸入食品を取り揃えているカルディ・コストコ、製菓用や飲食店用の食材を扱っている専門店でも購入出来ますが、確実に買うのであれば通販を使うのがおすすめです。

全粒粉を使った商品の紹介

パンやパスタ、お菓子など全粒粉を使った商品は全粒粉単体に比べると多くなり、扱っている店舗も多くなります。

特にお菓子を含めると基本的に食品を扱っているお店ではどこでも購入することが出来るため、パン・パスタ・お菓子の種類別に1部の商品と一緒にさらに詳しく紹介していきます。

パン
まず全粒粉を使ったパンは、パスコが1番多く扱っており「麦の恵 全粒粉入り食パン/イングリッシュマフィン」「超熟ロール全粒粉&オーツ麦入り」など食パンやロールパン、クロワッサンなど数種類の扱いがあります。

ふわふわの食パンで有名なヤマザキの「ダブルソフト」からも2018年から全粒粉入りが登場しています。フジパンからはマーガリンが真ん中に入った人気の高い「ネオバターロール」シリーズにも全粒粉がラインナップ入りするなど、長い年月をかけて愛されているシリーズに全粒粉が増えている傾向があります。これらのパンは大手メーカーが作っていることもあり、上記のスーパーやコンビニで購入出来ることが多いです。

パスタ
次にパスタですが、基本的には海外メーカーのものが多くなります。通販で取扱いが多く特に人気が高いのが「Alcenero(アルチェネロ)」です。イタリアのブランドでオーガニック食材に力をいれているため、種類も多く人気も高いです。他にもパスタが有名なイタリアのブランドが多く、100年以上続く老舗の「la Molisana(ラ モリサーナ)」や輸入食品を扱っているお店だけでなく、一般的なスーパーでも取扱いのある「DE CECCO(ディチェコ)」などのパスタが人気が高く手に入れやすいです。海外産のパスタは通販以外にも輸入食品を扱っているカルディやコストコ、業務用スーパーでも購入することが出来ます。国内メーカーであればニップンのオーマイから出ている「うれしい自然の恵み 全粒粉スパゲッティ」が購入しやすいかもしれません。

お菓子・シリアル
最後にお菓子ですが、クッキー・クラッカー・ビスケットを中心に全粒粉を使ったお菓子が多く、セブンイレブンやトップバリュではオリジナルブランドにも全粒粉を使った商品がいくつかあります。

セブンイレブン

  • 7プレミアム チョコレートビスケット
  • 7プレミアム サクサク食感のしっとりチョコ
  • 7プレミアム チョコラスク など

トップバリュ

  • ダイジェスティブチョコビスケット
  • チョコチップクッキー など

さらにこの2つのブランドはパンや総菜などの展開もしているため、全粒粉を使ったパンやサンドイッチなども扱いがあります。
他にも全粒粉という文字がパッケージに記載され全粒粉を使っていることが分りやすい商品が増えており、パン同様に長い年月人気の高いお菓子の新商品としてここ数年の間に発売しているものが多いです。

  • キットカットmini 全粒粉ビスケットin12枚×12枚/ネスレ
  • 厳選素材のたけのこの里/明治
  • 全粒粉入りたべっ子どうぶつ/ギンビス
  • ビスコ 素材の恵〈全粒粉〉/グリコ
  • ハートチョコレート(全粒粉ビスケット)/不二家
  • プチチョコ&全粒粉/ブルボン
  • ルヴァン全粒粉クラッカー/ヤマザキビスケット
  • 全粒粉仕立てのビスケット/森永

上記のお菓子は定番の商品があった上で新商品や種類違いとして出しているものが多いため、パッケージの違いなども含めて全粒粉を使っていることに気づきやすいです。しかしお菓子の中には発売当初から全粒粉を使っているため、上記のお菓子程意識せずに購入している商品があります。

  • アルフォート/ブルボン
  • チョコリエール/ブルボン
  • クランキービスケット/ロッテ

特にこの3つは人気も高く長い年月をかけて多くの人に愛されていますが、全粒粉を使っていたことはご存じでしたか?アルフォートのミニサイズやチョコリエールにはパッケージにも全粒粉の文字が実は記載されています。ですが、アルフォートの他のサイズやクランキービスケットには全粒粉の文字が見当たらないため、全粒粉を使っていたことに気が付かなかった人もいるのではないでしょうか?

どのお菓子にも言えることとしては、全粒粉を使ったお菓子は歯ごたえがよく香ばしく栄養も美味しく取れてしまう優れものということです。ケロックから出ているシリアルのオールブランシリーズも長いこと愛されており、実は案外身近に全粒粉の存在はあったのかもしれません。

近年では健康な身体づくりのために取り入れられるよう作られた食品なども増えており、手軽に全粒粉を手にする機会が増えています。もちろん摂取のし過ぎは体に悪影響を及ぼしやすくなるため注意が必要ですが、食事の1部を全粒粉に置き換えて美味しく摂り入れてみてはいかがでしょうか。